電熱の部屋

ここでは、電気から熱を発生させる方法について学びます。

傾向

電熱は計算問題と知識を問う問題が共に出題されています。

過去10年の電熱からの出題数は0問から最大2問となっています(全22問中)。

対策

熱量と電力の関係性、電気加熱の原理を正しく理解することで計算問題にも知識を問う問題にも対応することができます。

特に熱回路については、電気回路と対応させて学ぶと理解がしやすいです。

特にポイントなる点は、

  • 熱エネルギーの伝わり方
  • 熱回路と電気回路との対応
  • ヒートポンプとCOP

になります。

テキストを1度通読し、参考授業を聴講して、公式を理解したうえで、繰り返し計算問題を解きましょう。

ピンポイント参考授業

aki塾長の授業です。
ピンポイントの項目に絞った短時間の授業になりますので、苦手分野の克服に大変役立ちます。

1度で理解できない場合は繰り返し聞いてみましょう。
おすすめは、通常の授業を1回聞くのではなく、同じ時間なら倍速で2回聞いてみましょう。

温度変化と状態変化編

初心者向け電験三種・機械・33・電熱・温度変化と状態変化【超簡単に学ぶ!】第三種電気主任技術者

熱回路編

初心者向け電験三種・機械・34・電熱・熱回路【超簡単に学ぶ!】第三種電気主任技術者

ヒートポンプ編

初心者向け電験三種・機械・35・電熱・ヒートポンプ【超簡単に学ぶ!】第三種電気主任技術者

電気加熱編

初心者向け電験三種・機械・36・電熱・電気加熱【超簡単に学ぶ!】第三種電気主任技術者

参考授業

電験合格先生の授業です(全1回)。

1度で理解できない場合は繰り返し聞いてみましょう。
おすすめは、通常の授業を1回聞くのではなく、同じ時間なら倍速で2回聞いてみましょう。

授業のテキストは、こちらからどうぞ。
テキストのp35からになります。

電熱第1回授業

電験三種 機械第8回 電熱

参考演習授業

演習授業も電験合格先生のものになります(全2回)。
これを聞いて理解し、過去問を繰り返せば合格ラインには充分に達します。

演習のテキストは、こちらからどうぞ。

電熱演習第1回授業

電験三種 演習編 機械7 電気加熱・電気化学(1)

電熱演習第2回授業

電験三種 演習編 機械7 電気加熱・電気化学(2)
タイトルとURLをコピーしました