電気材料の部屋

電気分野で使用する材料には、電気を通すための導電材料、電気を絶縁するための絶縁材料、磁気的な性質を持った磁性材料があります。

ここでは、それぞれの材料の名称と特徴について学びます。

傾向

電気材料は穴埋めや正誤判定問題が中心です。

過去10年の電気材料からの出題は1問から最大2問となっています(全20問中)。

対策

各電気材料の電気的、化学的な特性について問われますので、それぞれの材料の特徴を公式と合わせて理解し、覚える必要があります。

特にポイントなる点は、

  • 気体絶縁材料
  • 液体絶縁材料
  • 磁性材料

になります。

テキストを1度通読し、参考授業を聴講して繰り返し過去問を解きましょう。

参考授業

電験合格先生の授業です(全1回)。

1度で理解できない場合は繰り返し聞いてみましょう。
おすすめは、通常の授業を1回聞くのではなく、同じ時間なら倍速で2回聞いてみましょう。

授業のテキストは、こちらからどうぞ。
テキストのp44からになります。

電気材料第1回授業

※配電、地中電線路分野も含みます。

電験三種 電力第11回 送電・配電③

参考演習授業

演習授業も電験合格先生のものになります(全1回)。
これを聞いて理解し、過去問を繰り返せば合格ラインには充分に達します。

演習のテキストは、こちらからどうぞ。

電気材料演習第1回授業

電験三種 演習編 電力7 地中電線路・電気材料(4)
タイトルとURLをコピーしました