原子力発電の部屋

原子力発電は、核分裂から生じる熱エネルギーを使って水を熱して蒸気を発生させ、その蒸気をタービンに当てて回転させることで発電します。

ここでは、核分裂によって発生するエネルギーと原子炉とその設備について学びます。

傾向

原子力発電は計算問題が中心です。
しかし、核分裂や原子炉に関する知識を問う出題もされています。

過去10年の原子力発電からの出題数は毎年1問となっています(全20問中)。

対策

計算問題は、核分裂エネルギーに関するものなどある程度パターンが決まっています。
過去問を繰り返し解いて対応できるようにしていきましょう。

知識を問う問題は、原子炉の構造や特徴、核燃料サイクルなどが出題されています。

特にポイントなる点は、

  • 核分裂エネルギーの計算
  • 原子炉の構成要素
  • BWRとPWR

になります。

テキストを1度通読し、参考授業を聴講して、法則や定理を理解したうえで、繰り返し計算問題を解きましょう。

参考授業

電験合格先生の授業です(全1回)。

1度で理解できない場合は繰り返し聞いてみましょう。
おすすめは、通常の授業を1回聞くのではなく、同じ時間なら倍速で2回聞いてみましょう。

授業のテキストは、こちらからどうぞ。
テキストのp16からになります。

原子力発電第1回授業

電験三種 電力第5回 原子力発電

参考演習授業

演習授業も電験合格先生のものになります(全1回)。
これを聞いて理解し、過去問を繰り返せば合格ラインには充分に達します。

演習のテキストは、こちらからどうぞ。

原子力発電演習第1回授業

電験三種 演習編 電力3 原子力発電・その他の発電(1)
タイトルとURLをコピーしました