地中電線路の部屋

空中に張ってある電線路を架空電線路と呼ぶのに対して、地中に埋めた電線路を地中電線路と呼びます。

ここでは、地中電線路の種類と特徴、使用するケーブルについて学びます。

傾向

地中電線路は穴埋めや正誤判定問題が中心です。

過去10年の地中電線路からの出題は1問から最大3問となっています(全20問中)。

対策

地中電線路の敷設方式について長所や短所が問われます。
それぞれの特徴をイメージ図で覚えるようにしましょう。

また、ケーブル損失や許容電流では理論科目での基礎が活かされますので、合わせて復習しておきましょう。

特にポイントなる点は、

  • 地中電線路の敷設方式
  • ケーブル損失、許容電流の計算

になります。

テキストを1度通読し、参考授業を聴講して繰り返し過去問を解きましょう。

参考授業

電験合格先生の授業です(全1回)。

1度で理解できない場合は繰り返し聞いてみましょう。
おすすめは、通常の授業を1回聞くのではなく、同じ時間なら倍速で2回聞いてみましょう。

授業のテキストは、こちらからどうぞ。
テキストのp44からになります。

地中電線路第1回授業

※配電、電気材料分野も含みます。

電験三種 電力第11回 送電・配電③

参考演習授業

演習授業も電験合格先生のものになります(全3回)。
これを聞いて理解し、過去問を繰り返せば合格ラインには充分に達します。

演習のテキストは、こちらからどうぞ。

地中電線路演習第1回授業

電験三種 演習編 電力7 地中電線路・電気材料(1)

地中電線路演習第2回授業

電験三種 演習編 電力7 地中電線路・電気材料(2)

地中電線路演習第3回授業

電験三種 演習編 電力7 地中電線路・電気材料(3)
タイトルとURLをコピーしました