電気施設管理の部屋

一般的に電気は日中は多く使われ、夜間の使用量は少なくなります。
そのため、時間帯による使用量の変化を分析し効率的に使用する必要があります。

ここでは、その計算方法や電気を安全に取り入れるための機器について学びます。

傾向

電気施設管理は計算問題が中心に出題されます。

過去10年の電気施設管理からの出題数は0問から最大7問となっています(全16問中)。

出題数の開きが大きいですが、2から4問がコンスタントに出題されています。

対策

グラフから電力量を読み取る問題や、需要率・負荷率・不等率を用いた計算問題などが出題されます。

公式を正しく用いることができるように過去問を繰り返し解きましょう。

高圧受電設備について

高圧受電設備についての説明動画をまとめました。

参考演習授業

演習授業も電験合格先生のものになります(全2回)。
これを聞いて理解し、過去問を繰り返せば合格ラインには充分に達します。

演習のテキストは、こちらからどうぞ。

電気施設管理演習第1回授業

電験三種 演習編 法規5 電気施設管理(1)

電気施設管理演習第2回授業

電験三種 演習編 法規5 電気施設管理(2)

タイトルとURLをコピーしました